学生の頃からの、私の唯一の趣味について。

私が学生の頃から大好きな趣味は買い物です。主に服や雑貨を購入しています。

元々お洒落をする事が好きなのでお洒落な服や流行りのものを見つけては買っています。特に安くて可愛いものが好きなので、しまむら、GU、古着屋、セール品、通販といったプチプラばかり買っています。

安いばかりではダメなので、ちゃんと流行りのものか自分に似合っているか、安っぽく見られないかなど色々考えて購入するのが凄く楽しいです。もちろん、プチプラアイテムだけではなく良いものにも惹かれるので、ご褒美としてたまに、奮発した物を買ったりします。

ストレスが溜まったり、嫌なことがあったりしたらすぐ、市内の方に出てショッピングを楽しみます。

自分の好きなものを自分で選んで買えることが凄く楽しいのです。嫌な事も忘れてしまうほど嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

こんなに可愛くて良いものを買えるなんて、女性に生まれてきて良かったとおもいます。

唯一自分が自分らしくなる時間の趣味です。

ビジュアルアーツ傘下のゲームブランドKeyに所属・麻枝准に関して

今回は、日本のシナリオライターであり脚本家である麻枝准・通称『だーまえ』という人物を紹介したい。彼は他にも音楽のプロデュースを行ってもいるのだが本稿ではそちらは割愛する。keyはKanon、Air、CLANNADと言ったゲームを世に発信し、着実にファンを獲得し人気を得てきた大手ブランドメーカーなのだがその立役者であると言われているのがだ—まえである。泣きゲーと呼ばれるゲームは当時はなかなか受け入れがたいものであったのだが、Kanonで頭角を現し、Airで納得させ、CLANNADで爆発的なヒットとなった。しかし、CLANNADを発売する頃にはだーまえ自身もそしてkeyにも紆余曲折ありその後の活動はメンバーが一新するような状況になる。しかし、彼は次のステージであるアニメの脚本家として活躍し、彼が携わった『Angel Beats!』の売れ行きは良く、彼は今の地位を改めて不動のものにしたと考えられる。今後の彼の動向が楽しみだ。全身脱毛 おすすめ